トップページ

大塚下肢静脈瘤クリニックへようこそ!

足がボコボコする・重い、だるい等のお悩みは当院へ!

日帰り治療可能

日帰り治療可能のイメージ

2011年に下肢静脈瘤の治療に対して画期的な高周波治療が導入されました。それまでの治療は何日間かの入院を必要とする手術だったのですが高周波治療が導入されたことによって20分程度で日帰りの治療が可能になりました。

静脈瘤専門

静脈瘤専門のイメージ

全国でも下肢静脈瘤専門のクリニックは多くはありません。
下肢静脈瘤という病気は聞きなれないかもしれませんが日本人の10人に1人が患っていると言われるほど多くの方が抱える病気です。

クリニック情報

診察科目
血管外科/形成外科(下肢静脈瘤の治療)

診療時間
10:00~19:00 ※健康保険証をご持参ください
午前中の予約外診察の受付は、11時までとさせていただきます
午後の新患受付は、17時までとなります

休診日
不定休
電話受付は土・日・祝日も年中無休で承っております。
ご予約はこちらから


診察料金(片足治療の場合)

診察内容1割負担の場合3割負担の場合
高周波治療約15,000円約45,000円
標準的な治療を行った場合のおおよその自己負担額になります。
当院での診療は基本的にすべて保険診療です。
術後の弾性ストッキング関連料金は別途必要となります

 

下肢静脈瘤とは

本来、心臓から拍出された血液は、動脈を通り各臓器へ供給され、静脈を通り肺を通過して再び心臓から拍出されるものです。
この最後の通り道と言える静脈では、心臓からの圧力に頼ることが出来ず、自動的に心臓へ血液が帰っていくわけではありませんので、血液の逆流を防ぐためにがついております。

veins

下肢静脈瘤とは

下肢(足)の比較的に太い静脈の弁が悪くなり、本来心臓に帰っていくはずの血液を足の静脈に溜めてしまい、静脈が水風船のように膨らんでしまう病気です。

下肢静脈瘤の症状

・足がつる(こむら返り)
・足がむくむ
・足が痛い、だるい、重い、疲れ易い
・足が痒い(かゆい)
・足の血管がボコボコしている
・足の血管が浮き出ている
・皮ふに色素沈着(皮ふの色が変色している状態)が起こる
・皮ふが硬い
・皮ふに潰瘍(やけどのような状態)ができた

 

詳しくはこちら

診察の流れ

ご来院前

当院では、来院当日に患者様をできるだけお待たせしないように予約制をとっております。
ご都合の良い日時をお電話かインターネットからご予約お願いいたします。

電話番号
0120-585-523(フリーダイアル) または 075-353-6301
【保険適用】【日帰り治療】

◆WEB予約はこちら


ご来院当日

当院までの道順はクリニック案内をご覧ください。道に迷われたらお電話にてご案内させていただきます。

◎持ち物
保険証、お薬手帳、服用中のお薬説明書、紹介状(お持ちの方のみ)
◎服装
足の付け根から診察しますので、診せやすい服装でお越しください。
※ゆるめのズボン、スカートなどが一番楽かと思います。
難しい方は検査着にお着替えしていただきますので、着脱しやすい服装でお越しください。

詳しくはこちら

治療方法

STEP1 診断 痛く無いエコー(超音波)検査

■見た目からだけではわからない静脈瘤の状態を確認するために痛みのないエコー検査を行います。
■エコー検査は15分程度で終了します。
■昔は『静脈造影検査』という足の静脈に造影剤を注射して、レントゲンで撮影する方法でしたが今ではほとんど行われなくなりました。
■エコー検査はゼリーを塗るだけなので、全く痛み無く、繰り返し行うことができます。

 

STEP2 高周波治療をご希望の方は血液検査をし、最短2日後~手術へ。

詳しくは診療の流れをご確認ください。


STEP3 高周波手術

静脈の中に細い管(カテーテル)を通して、高周波によって下肢静脈瘤をふさいでしまう方法です。
よくご覧になる、カメラで行う胆石の手術やカメラで行う胃潰瘍の処置と同じで、“低侵襲治療”と呼ばれる体に優しい治療です。

高周波治療の良い点は、一言でいうと身体に優しい“楽な”治療だということです。

 

詳しくはこちら


症例写真はこちら